Consul&Farm Inc.コンサル&ファーム株式会社

『2030SDGsカードゲーム』の講師のご依頼お受けいたします

「2030 SDGs」カードゲームについて

  • 「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」とは?
    カードゲーム「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」はSDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するカードゲームです。

    さまざまな価値観や違う目標を持つ人がいる世界で、
    我々はどうやってSDGsの壮大なビジョンを実現していくのでしょうか。

    そう考えると、SDGsがとても難しいもののように思えてくるかもしれません。
    このゲームはSDGsの目標を1つ1つ細かく『勉強』するためのものではありません。
    「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、そして「それがあることによってどんな変化や可能性があるのか」を『体験的に理解』するためのカードゲームです。


    ゲームでの『体感』を通してきっと「SDGs」をグッと身近に感じることができます!

  • 様々な場面で開催される 今注目のカードゲーム!
    企業、学校、自治体、施設、サークル等 様々な場面で開催されています。

    子供から大人まで、SDGsを知らない人や、興味関心がなかった人でもゲームが持つとっつきやすさと面白さで知らず知らずのうちに熱中し、楽しみながらSDGsの本質を理解することがでる。
    今大注目のゲームです!

    2030SDGsゲームキットは、一般社団法人イマココラボが開催している「ファシリテーター養成講座」を受講した者のみ利用が可能です。 そのため、当カードゲームは「ファシリテーター養成講座」を受講した公認ファシリテーターでなければ開催ができません。

- 実施事例 -

企業のオンサイト研修風景

企業のオンサイト研修にて体験していただけます。製造業・宿泊業・小売業・損害保険会社などで開催してます

行政機関の職員向けのゲーム風景

行政機関の職員の方には、SDGsをどう行政サービスに活かしていくのか?を考える、はじめ一歩をご提供します

大学での開催風景

群馬県内の大学にて開催しています。
教職員の方も、授業やフィールドワークで行っていることを体験しています

ボーイスカウト&ガールスカウトでの開催風景

ボーイスカウト&ガールスカウトの子どもたちと指導者・保護者と一緒に体験!
子ども用のカードを使うことで、小学校4年生ぐらいから参加できます

経済団体や組合での開催風景

経済団体や組合など、経営者や幹部の方々も体験されています。振り返りワークショップは、主にESG、サプライチェーンの取組みをご紹介しています

オープン開催風景

時にはオープン開催も実施します。
色々な地域や職業、年齢の方と一緒に体験することで、新たな気づきに出会えます

開催をご希望される方へ

  • 申込条件
    参加人数は最小10名から承ります(50名以上は要相談)。
    企業、学校、自治体、施設、サークル等 様々な場面で開催が可能です。

    ゲームは最短2時間から、通常は3時間程度を必要とします。あらかじめご理解ください。

    タイムテーブル

    企業向けの場合、振り返りにおいてビジネス事例を入れ、SDGsとビジネスでの繋がりを共有します。
    カードゲーム以外にも、企業のSDGs宣言を徹底サポートするコーチングプログラムもご用意しております。


  • 料金体系
    費用は、ゲームをオンサイト研修及び企画・運営されたイベントを開催する際、ファシリテーターとして講師派遣のご依頼いただい際の基本料金です。これには、会場費・旅費などは含まれません。
    1ゲームあたりの参加人数 費用(税別)
    5~10名 48,000円
    11~24名 72,000円
    25~38名 95,000円
    39~50名 110,000円
    51名以上 要相談
    まずはお気軽にお問い合わせください。
page-top